作業者

混合廃棄物はリサイクルすればもう一度使えるようになる

地球にやさしく再利用

ドラム缶

捨てないで集めて回収

家庭で揚げ物料理をすると必ず出る廃油、また車やバイクが趣味で自分で簡単なメンテナンスを手掛ける人はエンジンオイルの交換で廃油が出ることもあるでしょう。一般的によく知られているのは、家庭用油であれば固めて生活ゴミとして廃棄したり、新聞紙などに吸わせて廃棄する方法でしょう。使い終わったエンジンオイルなどは、紙製の箱に油を吸わせて、その後家庭用の生活ゴミとして捨てることが出来る、市販のオイルパックを使用している人も多いでしょう。しかしこれらの方法はゴミとして処分しているために、決して地球環境にやさしいわけではありません。そこで、エコな廃油方法として注目されているのが、回収してリサイクルする方法です。例えば使用済みの食用油は、回収後に精製業者によって、バイオディーゼル燃料に生まれ変わらせることが出来ます。回収は各自治体で行っていることも多く、精製された燃料はゴミ回収車などの燃料に使用している自治体もあります。回収方法は、ペットボトルに使用済み食用油を詰め替えて、回収場所に持参するだけです。家庭で揚げ物などをたくさんする場合は、一度利用してみるといいでしょう。また、自治体では回収されない使用済みエンジンオイルなどは、空いたオイル缶に溜めておき、ガソリンスタンドで引き取ってもらうことも出来ます。こちらのオイルも、回収後精製することによって、ボイラーや暖房の燃料として再利用することが可能です。引き取り場所は、ガソリンスタンドや自動車整備工場などで回収をしており、一度に大量の廃油を出した場合などは、有料で引き取ってもらえることもあります。このように今まで捨ててしまっていた油が資源として生まれ変わらせることは、地球環境を考えるときに自分が出来る第一歩となるのです。