作業者

混合廃棄物はリサイクルすればもう一度使えるようになる

砕石の再生利用

解体工事

リサイクルの過程

一般にガレキと言えば、災害現場などから発生する雑多なゴミを想像しますが、産業廃棄物として処理されるガレキ類とは、コンクリートやアスファルトの破片を指します。これらのガレキは解体工事の現場で大量に発生し、舗装用の砕石などとして大量に再利用されます。ただしリサイクルするためには、ガレキ選別の工程が欠かせません。工事現場から発生するガレキは、中に鉄筋の切れ端などを含んだ大きな塊になっています。これを重機で大まかに砕き、さらに専用の破砕機で細かい粒状にします。 そして磁石などを使って金属を除去し、ふるい機で粒の大きさや重さを揃えます。こうしたガレキ選別を経て、はじめてガレキのリサイクルが可能になります。このようにガレキ選別には専用の機器とノウハウが必要なので、産廃処理業者に依頼するのが効率的と言えます。業者を選ぶ際には、まず正式な免許を持っており、コンプライアンスが確立されているかどうかを確認しましょう。コストをかけたくないからといって、不正な業者を使うのはお勧めできません。ガレキ類はリサイクル可能とはいえ、大量に発生するので単価は安く、しかも重くて運びにくいという特徴があって、どうしても処理費用は高くついてしまいます。ガレキ選別を得意にしている専門の業者を利用すれば、少しでもコストを削ることができるでしょう。依頼する前には見積を取ってみて、料金にあいまいなところがないか確認することも大切です。